ボトックス治療の豆知識【副作用のリスクを避ける】

クリニックに行く前に

カウンセリング

知っておくと得する話

メスで切開などをする必要がなく副作用もない美容整形術であるボトックスは、負担の少ないのに効果が大きいとして注目されています。医師が注射するだけの治療ですが、治療と言っても保険が適用される医療施術ではありません。目的が美容であり疾病治癒目的でない治療は、保険が適用されないのです。全額自費になりますが、それでもボトックス治療を受けたい方は増えています。受けたい希望のある方は、保険適応の治療に見た目の改善やコンプレックスの克服の内容がないからです。ボトックス治療を受けたい場合は、美容クリニックで自費診療になります。その費用は自身の状態以外に部位や範囲、薬剤の種類によって違いがあります。また自由診療なのでクリニック毎に自由に価格を設定しても良い事になっています。クリニック毎に費用が異なる自由診療ですが、ボトックス治療費はどのクリニックも大きな差はありません。全国平均で3万円から7万円程が相場になっており、後は部位や範囲によって多少の違いが出る位です。薬剤はボツリヌストキシンというたんぱく質1つだけですが、正規品と呼ばれるアラガン社製と他会社が製造するジェネリックがあります。ジェネリックは他のお薬同様ボトックス治療でも安い価格設定になっています。正規品の半額以下で治療が受けられるので、複数部位を検討している方に検討の価値が高いと言えます。当然同一成分・同効果なので副作用の心配もありません。ボトックス治療は副作用がないと言われていますが、その信憑性は世界中で使用されているにも関わらずその報告がない事が裏付けています。安全な治療方法ですが、副作用がないと報告・立証されているのはアメリカのアラガン社製のみです。アラガン社製は正規品と呼ばれ、日本の厚生労働省も唯一安全性を認めているボツリヌストキシンです。ボトックスを受ける際にこの正規品以外にジェネリックを選べるクリニックもあります。そのクリニックが安全性を認めて取り扱っているので粗悪品ではありませんが、まだ歴史も浅い事から臨床データも少なく信頼性は正規品には及びません。ボトックスの効果は半年程が平均であり、効果を継続したいなら定期的に再度受ける必要があります。費用は安く正規品の半額以下で治療を受けられるメリットがジェネリックにはあり、定期的に受ける際の費用負担軽減が図れます。ジェネリックのボトックスに関する副作用や事故の報告は非常に少ないです。あるにはあるのですが、薬剤が原因か医師の注入量ミスかは明確になっていません。製造している国にはイギリスや韓国、中国などがあり、信頼性も種類によって異なります。ジェネリック全体が信頼性が劣っているのではなく、一部の国が製造するボツリヌストキシンが信頼を下げている状況です。クリニックは安全なジェネリックボツリヌストキシンを調べて取り扱っているので、基本的に信頼できますが一応の確認は必要という事です。

Copyright© 2018 ボトックス治療の豆知識【副作用のリスクを避ける】 All Rights Reserved.